キャバクラとガールズバーの違い

キャバクラとガールズバーは違う

 

キャバクラとは、求人で気を付けることは?

 

若い人たちにとってキャバクラが何かと言うことが段々と判らなくなって来たとも言います。いろいろな風俗の形態が登場してなかなか区別をつけにくくなって来たと言う事実もあるかもしれません。今、一度キャバクラとは何かと言うことをしっかり理解していただきたいと思います。キャバクラと言うものを、最近はやりのガールズバーと言うものと比較して明確にしましょう。

キャバクラとガールズバーは同じようなものとして捉えている人たちもいるかもしれませんが、そこに法律上に大きな違いがあります。 ガールズバーと言うものが最近急激に増えてきたようですが、ここにもなにやら法律的事情と言うものがあるようです。

キャバクラは、風俗営業許可が必要なのです。 ガールズバーは女の子がいる普通のバーというふれこみであるものの、蓋を開ければキャバクラ同等の接待をしている為、摘発されたと言うケースがないことはありません。

ここには風俗営業許可が必要、必要でないという境界線があります。 風俗営業許可といういいかただから判りづらくなるのかもしれませんが、これは接待があるかないかの問題です。キャバクラは、キャバクラ嬢が横の椅子に座り接待をする場所なのです。

もしキャバクラで働こうと思っている人は、その店や会社のキャバクラ求人情報を見て、危ない店かどうかを見極めないといけません。

かといって簡単ではないので、働いている人の雰囲気やボーイの友達がいればきいてみるのもありでしょう。

 

 

 

ガールズバーは接待出来ない

 

キャバクラはキャバクラ嬢がお客様の隣りに座り、タバコに火をつけたり、お酒をついだりと接待をする場所なのです。ガールズバーは、女性スタッフがカウンターの向こうで接客をする場所であり、ここに接待と接客の違いがあります。

接待とは接待遊飲営業を表し、許可がなければしてはいけないことなのです。キャバクラ嬢が会話によって慰安、歓楽を提供すると言うことが風俗なのです。ただ横に座って話しをするだけと言うのに、踊りを提供するのと法律的には何ら変わりがないと言うことになります。

ガールズバーはどうなのかと言えば、喫茶店のような扱いであり、そこにいるスタッフは、ただカウンターの向こうからお酒をつぎ提供すると言う形になりますが、なんとなく理解出来るもののまだ納得出来ないと言う人たちもいるでしょう。極めればキャバクラとガールズバーの境界線も非常に微妙と言えば微妙なのです。一分程度の会話もガールズバーではあるはずです。もしもそれが三十分と言うことになれば、接客と言うことでなく接待になってしまうのではないでしょうか。カウンター越しと言うものの、側によってお客様の側で話すと言うことも絶対にあり得ることなのではないでしょうか。

ガールズバーでの求人はお客さんに触ってはいけないという決まりを守ったりその他の決まりをしっかりと守れるかというのがポイントになります。キャバクラ求人とは違う採用の仕方なので自分にあった方を選ぶことが大事だと言えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>